HOME>アーカイブ>業者しだいで料金だけでなく仕上がりも変わります
名刺交換

業者選びはどうするか

今では名刺を印刷できる業者は数多くありますので、見積もりを取って安ければそこでいいと考える場合も少なくありません。コストカットも大切ですが、安かろう悪かろうとなってしまうと作り直しになることもありますから、実績や会社の状態などもある程度は確認しておくと信頼度が増します。それに名刺はビジネスシーンで使うものなので、納期スピードは速いに越したことはありません。発注も近年は24時間365日可能というところが増えているので、注文前に発注方法もよく読んでおきましょう。見積もりも必ず取って、印刷品質や枚数、料金との兼ね合いが取れているかどうかを判断しましょう。

総合計を良く見よう

激安で印刷ができる名刺業者も増えていますが、すぐに飛びつく前に見積もりを取るなどして、きちんと料金を計算しましょう。提示されている金額だけでいいのか、別途オプション料金や送料、その他の料金がかからないかどうかをチェックするのは自分自身です。安かったとしても印刷枚数が少なかったりすると、結局他の会社とあまり変わらない金額になっていたりすることもあります。料金表を見る際には、どこまでが作業範囲なのか良く見ておきましょう。

オプションになる項目

名刺はそのまま印刷をするのであれば、大抵白い紙にモノクロ印刷をするというのが多いです。印刷する用紙を変えたり、印刷する色数をフルカラーや数色使えるようにしたりするとオプション料金ということで加算されます。他にも用紙の角を丸くしたり、でこぼこしたエンボス加工や穴あけなどもオプションになるので、他とは違うデザインの名刺作りを検討しているときには、業者側にデザインの相談と見積もりをすることでトラブルも減らせます。